水圧調査(FDA)
各地点における既設消火栓に自記録水圧計や電子式水圧計を設置して一定時間(1日〜30日)水圧測定を行います。
その結果から
最高・最低水圧、ウォーターハンマーの有無、常時水圧の適正化がおこなわれているか、また多量漏水の疑いがある異常な水圧低下地区があるかなどの確認をします。
〔消火栓に自記録式水圧計を設置〕
流量・流方向調査
超音波センサー(トーマスフロー)を水道橋等に
設置し。水の流量・流方向などを測定します。
土壌分析調査
管周辺の土をいくつかサンプリングし、管路腐食の原因である土壌のPh調査などを行い、土壌環境が適切であるか分析します。
[ 自記録式水圧計 ]
[トーマスフロー]
事業内容
≪管路診断
水道管の異常を早期発見し、適切な予防を行うために管路の状態を調べます。
[音聴棒]
[漏水探知機]
このページの先頭へ
[水道管の継手から水が吹き出ているのがわかりますか?これが地下漏水です]
[漏水箇所を掘り起こします]
[穴に音聴棒を差し込み漏水箇所を的確に探します]
[漏水擬似音の箇所にハンマードリルで穴を開けています]
[漏水探知機を使用し、管路での漏水の有無を確認しています]
[水道メーターに音聴棒を当て漏水の有無を確認しています]
各調査により発見された漏水に対しての分析を行い、漏水の発生原因・漏水発生箇所の管埋設状況等を考慮し報告書を作成します。
また、過去の漏水発生データ(発生件数・漏水分布図等)との比較考察により、今後の調査検討の資料となる報告書として作成し、提出させていただきます。
調査結果の分析・報告書作成
この調査は漏水調査の中で最終的な詰めの作業になります。
戸別音聴調査・路面音聴調査により聴音された漏水擬似音に対して、ハンマードリル及びボーリングバーを用いて路面に径20mm程の穴を開け、埋設管の近くまで音聴棒を差し込み漏水によって発生する噴射音を聞き取り漏水か否かを判断します。
確認された漏水に関しては漏水報告書として報告しますが、大量の水量を伴い緊急工事の必要がある場合は直接担当者様へ連絡し、二次災害の防止に努めます。
確認調査
この調査は、大量の水量を伴う漏水に対して、早期的な漏水発見を主な目的としております。
漏水探知機を使用し0.5〜1.0m間隔で埋設管路上を歩行しながら音聴し、異常音の有無を確認します。
この調査に関しては、非常に周辺の雑音等に影響されやすいため、原則的には夜間調査となります。
戸別音聴調査と同様、漏水と疑われる箇所は図面上(必要によって路面)にマーキングし、確認調査を実施します。
漏水音は耳でなく脳で聞いて確定すると言われます。豊富な技術と経験を積んだ私たちが漏水状況・箇所の推定を素早く確実に行います
路面音聴調査
漏水発生内訳で、給水装置における割合は約9割以上と非常に高い割合を占めております。
この調査は主に給水装置での漏水発見を目的とし、目視できる漏水(量水器、止水栓、消火栓、仕切弁等の漏水)の発見や漏水の有無の確認を目的に音聴棒を用いて聴音します。
漏水と疑われる箇所に関しては、図面上にマーキングし確認調査の対象とします。
戸別音聴調査
調査地区の配管図等と現地を照合し状況を確認する作業。

・配・給水管の正確な埋設位置
・制水弁・消火栓類の位置
・新設管・横断管・残存管等の有無
・調査現地の状況把握及び、時間帯に応じた水道使用量、周辺雑音等
現場下見調査
調査対象となる区域の、漏水状況・老朽管の埋設状況などを打ち合わせさせていただき、短期間で効率的な調査を自視するための計画書を作成します。
事前打ち合わせ・計画書の作成
≪漏水調査 音聴調査≫
調査する配水区域において夜間の最小流量を測定し、不明水量(漏水量)がどの程度存在するのかを把握する調査です。
(使用水の少ない時間帯に調査を行うことで正確な量を測定します。)
可搬式電磁流量計を用いて、2つの消火栓をホースで継ぎその中間の制水弁を締め切り、一方向に水を流し、その量を測定します。(図-1参照)
水道本管(配水管)などの場合
※量水器(メーター)以降から受水槽や高架タンクまでを一次給水系統と呼びます。
※受水槽や高架タンク以降の系統を二次給水系統と呼びます。
量水器(メーター)により、敷地内にどの程度不明水量(漏水量)が存在するかを数分間計量し、漏水量を把握する作業です。
また、受水槽や高架タンクがある場合、サイフォンの原理を用いた測定方法で計量し、不明水量(漏水量)を把握します。  
一般住宅・学校・工場などの場合
測定エリア内の漏水量を把握する仕事です。
≪漏水調査 流量測定調査≫
音聴調査≫
流量測定調査≫
[地中レーダー探査]
下図のように電波を地中に向けて発射すると、地中を伝播していく電波は地層の境界線または空洞・管などの物質の誘電率の異なるところで反射します。
アンテナを移動させながらこの微弱な反射波を受信アンテナで捕らえ、地中の断面的な画像を出力します。
深度は管等で反射した波の受信に要した時間を計測し、地中を伝播する電波の速度から計算します。
[鉄管探知器]
地中探査レーダー(電波反射法))
鉄管探知器は金属の導電性を利用して電磁波を管路に誘導させ、管路に誘導電流が流れるときに発生する磁界を捕らえて管の位置と深さを測定するものです。
地中に埋設している管の位置・深さ・方向などを、路面堀削せず調査します。
鉄管探知器(電磁誘導法)
≪地中探査≫
埋設管の位置、管種、口径、布設年度、バルブ・消火栓・メーター等の位置を図面として作成し、漏水調査を迅速に行うためのデータとして役立てます。
給水戸番図作成
≪管路図作成≫
[さらに調査時の埋設情報を見ることができます]
[検索したいデータを直ぐに取り出せるデータ検索システムです]
調査によって得られた情報をデータとして管理します
データ検索システム
≪管路情報処理≫
このページの先頭へ
このページの先頭へ
このページの先頭へ
このページの先頭へ
このページの先頭へ
管路診断
漏水調査
地中探査
管路図作成
管路情報処理
水が出ているとき水栓を急に閉めると、どこかでガンッ∞ゴンッ≠ニいった音を耳にしたことはありませんか?
配管を流れている水・湯を急閉止すると急激な圧力上昇が起こり圧力波が発生します。
このときの圧力をウォーターハンマー(水撃)といい、配管を振動させ衝撃音を誘発させ、この衝撃や振動を連続的に供給した場合その圧力で管が破れ、漏水事故も誘発させます。
【 ウォーターハンマー 】
水の使用量が多く、水圧が低くなった時点
【 最低水圧 】
水の使用量が少なく。水圧が高くなった時点
【 最高水圧 】